2011年3月9日水曜日

CDをISO化する (ISO化→Daemon Toolでのマウント)

ども、Rxsmashです。
パソコン技術シリーズ第二弾!

東方を持っている私ですが、なんとなく、ISO化してみようということで、やってみます。
ということで、必要なもの
・CD(何でも。※音楽CDはまったくもって不明。 ゲームのインストールディスク等はいいんじゃないかな)
・ドライブ(内付け&外付け構いません。)
・HDDの残量 (案外使います。 東方等なら1枚500MBもいかないのですが、場合によると2GB超える可能性もありますので別でHDDを用意することをおすすめします。)
以下ソフト~~~~~
・Imgburn(吸出しに必須)
・Daemon Tool Lite (マウント用に必要)
ということで説明していきましょう。
予め、ソフトをインストールしていきましょう。
ImgburnをDLします。
DL先:http://imgburn.com/index.php?act=download
8つぐらいミラーがありますが、8番目のほうがいいでしょう。 単純に直リンだから。
インストールしていく際は、英語ですのできちんと確認してインストールしていきましょう。
なお、日本語化パッチは必須ではないので各自DLしてください。
Daemon Tool Liteをインストールして行きます。
DL先:http://www.nihongoka.com/daemontools/
できるだけ最新バージョンを使うようにしましょう。 インストーラーは日本語版のはずですので、それほどインストールは難しくないでしょう。
なお、解凍ツールは必須ではないので後ほど紹介します。

2.ISO化する
まずImgburnを起動しましょう。
(一部日本語化されていますが文字以外は殆ど変わらないので、自分の置き変えてください。

こんな画面がでるでしょう。
今回は、ディスクからイメージファイルを作成(英語版ではCreate image file from disc)を選択しましょう。
このような画面が出たときに確認することは2つ。
まず入力元(Source)を確認しましょう。 たくさんドライブがある場合はきちんと選ばないと出来ません。(わからない場合は、片っ端方選んでみて下のバーの表示がReadyになるまでやっていきましょう。 出来ない場合は、CDの故障・ドライバの問題が考えられます)
そして、もうひとつは出力先を見てどこに保存されるかも確認しましょう。
そして、すべてができた場合は、下のバーの表示がReadyになるので上のCDマークとかあるやつをクリックすると吸出しが開始します。

読み取りのスピードは、パソコンの性能・ドライブの読み取り速度に関係します。
なお、読み込みエラーがあまりにも多い場合は再挑戦したほうがいいかもしれません。
終わったらImgburnを終了しても構いません。

そして、Daemon Tool Liteを起動して(起動してもタスクバーに出るだけなので、タスクバーのアイコンを右クリックしてDaemon Tool Liteを選択。

はじめにデバイスの追加を選択しましょう。
すると、デバイス 0が追加されます。
そしたら、一番左の+のマークをクリックしてisoを選択しましょう。
そうすると、イメージカタログに反映されるので、デバイス0をクリックして再生ボタンをクリックするとマウントされます。
そうなると、Autorunがある場合はそれが起動します。

マウントする前
マウント後
あとは、普通にCDの感覚でいいです。 アンマウントの際も、Daemon Tool Liteからでもできますし、マイコンピューターの方の取り出しでも構いません。
ただ、Daemon Tool Liteを終了してもマウントは解除されません。ので、注意してください。

ちなみに、WinRARを用いればISOを解凍することも出来ます。
そのところは各自調べてみてください。

これで終了です。
ISOの使い方をマスターしてパソコンをもっと楽しみましょう♪
Rxsmashでした。

あ、言い忘れましたけど、DVDビデオ等のダビングは、
コピー対策があるためImgburnではエラーが出ます。
普通のビデオはできるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿